スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手と琉球古武術

武器術

先日沖縄で空手が生まれたこと書きましたが、空手と武器術などの琉球古武術とは深い関係があります。

島津藩の支配下にある琉球王国では、武器の携行が認められないため手足を鍛えて武器の代わりにしたのが空手の始まりと言われていますが、武器が無ければ身近にある道具を使って戦うのはむしろ合理的であると思います。

そうした武器となる道具が無い場合に素手で戦う技が空手であると考えられます。

たしかに、回りに武器となる棒などがあるのに素手にこだわる意味もなくその時々にあわせた戦い方をすれば良いのかもしれませんね。

空手が沖縄から本土に伝わった明治・大正期にこの武器術などは空手から分離されてしまいました。

これは武道を社会体育と考えた講道館柔道の影響が大きいもの考えられます。

空手はスポーツでなく武道であり、生き残るための手段である。

そう考えるとさまざま古武術の持つ意味は大きいのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。