スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇級、昇段試験について

月心会北陸地区本部でも5級に昇級された方が2名います。
もうすぐ黒帯も見えてきますね。

月心会での初段への昇段について総本部事務局にいくつか確認をしましたのでお伝えしておきます。

受験料 9,450円 (黒帯代金を含みます。)

課 題
・型 五十四歩の型
   約束組手、攻撃の型、捌き拳法、護身術など

・作文 少年部 「父母について」
    一般  「空手で一番苦しかったこと」

・空手道訓の暗唱

受験資格 
 少年初段 小学3年生以上
 一般初段 高校1年生以上
 ※少年初段のものが高校生となったときは一般初段の受験が必要。

1級取得後に指導者から課題の習得についてチェックを受け初段受験の許可を得ること。

組手試合への参加を条件とする。但し、事情により組手のできない場合は捌き拳法組手もしくは武器術の演武で代替できる。


受験料については、もっと高いのかと思っていました。35年前に柔道の初段を取ったときの方が高かったかもしれない。
受験料以外に寄付金がウン十万円必要(そうゆう流派もあるらしい)ということもありません。

初段受験に際して10人連続組手をする流派もあるようですが、月心会でも一部の地区本部で実施しているようです。北陸地区本部でも希望者がいればこうしたイベントも考えてみたいと思います。

なお、昇級試験についてもお伝えしておきますが、試験は年4回で受験は強制ではありません。課題をマスターした方は順次受験していってください。
少年部は10級から、一般は9級からを原則とし飛び級はありません。他流経験者については初回受験の級を上位の級とする場合があります。

20100430225632ed1.jpg

画像は映画「黒帯」より  
   
スポンサーサイト

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。