スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後の防具空手の隆盛

さて、空手界では戦前より組手稽古をするべきか否か、また組手をするとしたら寸止めルールか防具を使用するか論争があったことは以前お伝えしている通りです。

最終的に寸止めノンコンタクトルールが主流となるのですが、戦後の一時期防具空手も盛んな時期がありました。

これは、日本の敗戦によりGHQにより剣道が禁止されたために大量の防具が放出されたことと無関係ではないと思います。

剣道の防具をそのまま使用したり改良を加えた防具が使用されるようになりました。

カラテクター

上記は剣道防具から派生した空手防具です。
(ネーミングのセンスがひどい!)

その後、昭和30年ころには防具空手の全国大会も開催され、空手界は防具ルールで統一されるかに見えましたが、寸止めルールを推す会派の巻き返しがなされ、全空連傘下の錬武会の名称で現在に至っています。

錬武会での防具空手は、カラテクターからストロングマンという鉄製防具に変更し、主に東日本で普及しているようです。

錬武会での組手
錬武会

錬武会が寸止めルール団体の傘下に入るなかで、九州で沖縄空手の系統である少林寺流錬心館が独自に防具ルールでの空手を普及させ、昭和40年代より全国大会も開催し西日本を中心に広まっています。。

錬心館の組手は多彩な蹴り技や回転技に特徴があり、一説によるとテコンドーの蹴り技にも影響を与えているといわれています。

錬心館での組手

錬心館空手

防具空手については上記の通り錬武会と錬心館の二つの会派が主流となりましたが、全国的な統一組織にまでは発展しませんでした。

それにはいくつもの理由が考えられますが、鉄製の面は頑丈である反面攻撃する側に怪我のリスクがあること、面や防具の価格が高く普及しにくいなどの要因が大きいと思います。

※ちなみに大きな声では言えませんが、月心会は錬心館の流れを組んだ流派です。
スポンサーサイト

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。