スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林竜の型

先日の大会では多くの型試合種目がありました。

個人型、親子型、夫婦型、家族型、兄弟型、団体型、他流型、そして少林竜の型です。

これだけ種目が多いと競技参加者は分散され、普段入賞しにくい選手も入賞できるようにとの配慮かもしれません。

「少林竜の型」は月心会で新しく制定された型です。「少林虎の型」というのもあるそうです。(これからつくる?)

私のように中年期にもなるともの憶えも悪く、これ以上新しい型は勘弁してほしいとの思いがありますが、少林竜の型は基本型として十分な要素をとりいれておりわかりやすい良い型だと思います。

現在月心会では初心者の型には沖縄諸流派で使われる普及型Iを採用していますが、少林竜の型のほうが基本型としては優れているかもしれません。

上記の型試合のほかに古武道試合、組手試合、武器術試合などさまざまなものがあり運営事務局の方々も大変だったとご推察します。関係者の皆様ありがとうございました。

写真は一般級女子と幼児の試合です。幼児の型の演武がしっかりしているのにビックリです。

DSC00116.jpg

DSC00119.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。